いすらえる

我が家にもイスラエル国旗が飾られました。
e0113490_15482582.jpg

タクが、今年のイスラエルツアーで、イスラエルを愛して止まなくなったみたいです。
去年は、帰って来たとき、めっちゃ良かったけど、もういいかなー。
次は子供たち大きくなってから、夫婦で行こうって言ってたくらいなのに。
今年は去年の10倍いや、それ以上?良かったらしいです。
いいなーイスラエル。
行きたい。
まーでも、1番近くの人がいって来れたってことは、ホントに恵みなんですね。
タクが1番よかったって所を変わりにシェアです。
e0113490_1548262.jpg

この絵は、さいごに行ったエルサレムにある24祈りの家に飾られてた絵です。
そこの先生が予言的メッセージをしてくれたそうです。
(しんご先生のfacebook引用)
 詩篇110:3には「あなたの民は、あなたの戦いの日に、聖なる飾り物を着けて、夜明け前から喜んで仕える。あなたの若者は、あなたにとっては、朝露のようだ。」と書かれていますが、この「夜明け前」という言葉は「朝の胎内から」また「日の上るところから」という意味があり、東の果てから主を慕い求め、主に喜んで仕える祭司としての若者たちが立ち上がる事がそのメッセージの中で語られました。
 この終わりの時に主は東の果て、日の上る場所である日本に偉大な計画を持っておられ、今がその御言葉が成就している時です。
 この絵は、その先生が幻の中で見た映像で、まずは東の果ての日本と韓国から主の民が馬に乗りすごいスピードでイスラエルに向かって進んで来る姿
 その後、中国から主の民がラクダに乗り、スピードは遅いけど、ラクダは水を貯めるコブがあるので、迫害に耐えイスラム圏を突き進んで行く姿
 そしてインドネシアとマレーシアから主の民が象に乗り、象もスピードが遅いけど力強く全てを踏み倒し、その意味は霊的戦いに勝利して来たこの国々がアジアの全ての偶像の力を打ち倒してイスラエルに向かって行く。という絵です。
e0113490_1548262.jpg

本当に終わりの時代、そして、日本のとき。
祈りとみことばに帰ることをいつも教えられてます。
主よ、来てください!
マラナタ!!
[PR]
by havepeacewithgod | 2013-07-19 16:08 | Comments(0)

キリストの平和が、あなたがたの心を支配するようにしなさい。


by havepeacewithgod
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31